2018年 09月 07日 ( 3 )

■2018年3月24日

猫田門主催の、恒例の1日バスツアー「飛鳥昭雄の東京ミステリーバスツアー」が行われた。

e0366602_05004567.jpg

10:30にJR「鶯谷駅」(山手線)に集合し、次々と都内のミステリー地帯、今回は明治維新に関わる歴史的人物のポイントを巡った。

e0366602_05011592.jpg
e0366602_05014658.jpg
  
今回で5回目のツアーメニューは、以下の通りである。

e0366602_05021580.jpg
e0366602_05024547.jpg
e0366602_05031518.jpg
e0366602_05034614.jpg

最初に谷中霊園で「徳川慶喜の墓」を訪れ、次が上野公園の薩摩の西郷隆盛像を見て、その西郷隆盛と勝海舟会見の碑を訪れた。

e0366602_05041513.jpg
e0366602_05044633.jpg
e0366602_05075114.jpg
e0366602_05082197.jpg
e0366602_05085164.jpg
 

その他 大田区洗足池の「勝海舟の墓」や、世田谷区の「松陰神社」など各所を訪れ、幕末と明治維新の謎を語り合った。

e0366602_05233479.jpg
e0366602_05234431.jpg
e0366602_05234763.jpg
e0366602_05234934.jpg
e0366602_05235192.jpg
e0366602_05235329.jpg
e0366602_05235631.jpg
e0366602_05235814.jpg
e0366602_05240212.jpg
e0366602_05240489.jpg
e0366602_05261591.jpg
 
その後、19:00頃、JR新宿駅前で無事に解散し、有志だけで食事をしながら「懇親会」を開いた。

e0366602_05261743.jpg
e0366602_05261981.jpg
e0366602_05262281.jpg




[PR]
by manaseden4 | 2018-09-07 05:28

■2018年3月21日


e0366602_04183235.jpg

隠岐選挙区島根県議会の吉田雅紀議員と、「夢源樹」との初めての顔見世が「飛鳥堂」を仲立ちに行われた。

e0366602_04190066.jpg
 
既に「学研」+の三上丈晴編集長と吉田議員との顔見世は終っており、後は「隠岐」を大々的に宣伝する意味も兼ねた「隠岐ツアー」を、「月刊ムー」協賛でもある「隠岐ツアー」をどう行うかの話し合いの段階だ。

e0366602_04190451.jpg

  
隠岐は国生み神話の「オノゴロ島」と言われてきたが、その根拠とデータが不明で、それを飛鳥昭雄が埋めることになる。
その為、ムー付録漫画を連続掲載し、総力特集を組んで、隠岐の秘密を完全解明する必要がある!!

e0366602_04190726.jpg
  
日本列島最大の謎は「邪馬台国」だったが、当時の鏡や運河や建物跡などの物的証拠が決め手で、奈良県纏向と決定している(東大は面子重視で認めないだけである)以上、残る最後の謎は「オノゴロ島」の比定地となる!!

e0366602_04190994.jpg


それをムー付録漫画3~4冊と「総力特集」で完全解明し、最後のチェックメイトを現地の隠岐で決行する。
その隠岐ツアーを夢源樹が「クラブワールド」主催で行う段階に入ったという事である。

e0366602_04222837.jpg

この画期的な企画は、他のイヴェント会社の隠岐観光ツアー企画と全く桁違いの内容となる為、全員が熱く熱く語り合った一日となった!!


[PR]
by manaseden4 | 2018-09-07 04:24

■2018年3月19日



e0366602_00564953.jpg

円盤屋から戻っても1日も空けないほど「もって子ぶり」である。

e0366602_00565212.jpg
e0366602_00571454.jpg
今日は、暖かくなり始めたので、スタッフを連れて水戸の「偕楽園(かいらくえん)」に向かった。
高速の「常磐自動車道」を北に運転しながら、水戸インターチェンジを降り、水戸光圀ゆかりの庭園で「梅見」を楽しんだ。

e0366602_00570209.jpg
e0366602_00572624.jpg

偕楽園に植えられた梅の数は半端ない規模で、何処を見ても梅また梅の海である。

e0366602_00570415.jpg
e0366602_00570672.jpg
e0366602_00570839.jpg
e0366602_00571167.jpg
 
偕楽園に来たのは30年ぶりで、前に来た時は、ここで何か大きな催しをやってい記憶がある。

e0366602_00571611.jpg
e0366602_00571846.jpg
e0366602_00572862.jpg
e0366602_00572923.jpg

徳川斉昭が設計させた「好文亭」にも寄り、中を探索しながらひと時のゆったりした時間を味わった。

e0366602_03344231.jpg
e0366602_03343963.jpg





[PR]
by manaseden4 | 2018-09-07 01:03