人気ブログランキング |

2018年 09月 17日 ( 2 )

■2018年5月7日

e0366602_16425065.jpg

今日は夢源樹の「月刊ASKA」の日なので、池袋駅東口から徒歩数分にある講演会場へ向かう。

e0366602_16430809.jpg

池袋は何かと記憶にある所で、東京の顔の一つではあるが、新宿がオフィス・レディなら、原宿は女子中高生、渋谷はヤングアダルト世代で、池袋はアラフォー女史のイメージがどうしても強い。

e0366602_16420596.jpg
e0366602_16412431.jpg
e0366602_16421124.jpg
e0366602_16420734.jpg


まあ、講演にはそんなのは全く関係ないが、今回は非常に重要な観点、イルミナティ―には「前期」と「後期」があるとの説明から入った。
この前期と後期の違いって超重要で、後期イルミナティ―が陰謀論で話題にあがる悪のイルミナティ―のことで、創立者が違うのである!!

e0366602_16420970.jpg

今回は、世界が如何に騙され、支配され、滅亡に向かって突き進んでおり、彼らイルミナティだけが救われるのが「ハルマゲドン」という仕掛けの恐ろしい点と伝えたかった。

e0366602_16421315.jpg
e0366602_16412101.jpg

いつものように懇親会は懇親会独特のざっくばらんな時間で、これはこれで皆で超盛り上がった次第!!





by manaseden4 | 2018-09-17 16:46

■2018年5月3日

今日は、加藤氏と廣沢女史が、常磐自動車道を走って「飛鳥堂Ⅰ」まで来てくれた。

e0366602_16053388.jpg

都内で運営していた「猫カフェ」を閉じる為、看板猫だったベンガルの「リンダ」「エル」を連れてきてくれたのだ。
どちらも雌で姉妹だが、性格が真逆で、繊細な姉と単純な妹の関係だ。

e0366602_16062492.jpg

ベンガルは黒人のアスリートみたいで、無駄な脂肪が無い筋肉だけの体形は、普通の家猫とはだいぶ様相が違っている。
本来なら、インドやパキスタンの高原を駆け巡っている野生ネコと、アメリカの家猫(アメショ?)と掛け合わせたというが真相は分からない。
とにかくジャンプ力が半端ない!!

e0366602_16054667.jpg
e0366602_16054315.jpg
e0366602_16054126.jpg
e0366602_16053880.jpg

贅肉が一切なく、尻尾などは骨しか入っていないのではないかというほど細くて硬い。
それに比べて、原住ニャンコ2匹は完全に家猫の体形と化している(*`艸´)ウシシシ

e0366602_16042399.jpg
e0366602_16043669.jpg

これで、飛鳥堂Ⅰは「アメリカンカール/coco」「アメショ/vivi」「ベンガル/el」「ベンガル/Linda」の4匹と、飛鳥堂Ⅱの「ブリショ/natuki」の計5匹のニャンコ王国と化した……

(=^・^=)乾杯!!

e0366602_16053629.jpg



by manaseden4 | 2018-09-17 16:09