2018年 10月 12日 ( 4 )

■2018年8月11日



8月11日(土曜日)の『夕闇プラ散歩ぃ』は、「レインボーブリッジ&お台場海浜公園」だった。

e0366602_21542531.jpg
e0366602_21571008.jpg

しかし、現地の「花火大会」でレインボーブリッジが封鎖され、「お台場海浜公園」も人ゴミでごった返すと判明した為、急遽行き先を変更した。

e0366602_21521968.jpg

そこで思い立ったのが、ラスト・エンペラーが京都に戻る前に、「皇居」周辺の東京の夜景を楽しむ異空間「サヨナラ皇居一周コース」だった!!
集合場所は東京駅「丸の内中央口」の外で、夜11時半に集合、その後、点呼が完了し次第出発し、翌日のJRの始発頃に終わる予定とした。

e0366602_21360317.jpg
e0366602_21360658.jpg
e0366602_21360921.jpg
e0366602_21361637.jpg
e0366602_21362360.jpg
e0366602_21362155.jpg
e0366602_21362627.jpg
e0366602_21363430.jpg
e0366602_21361168.jpg
参加費は6000円で、通常より2000円安いが、食費を含んでいない。
飛び込み参加も7000円にとどめた。
運営側としては熱中対策品は必須で、うちわ、冷却ジェル、ビタミンドリンクを付けている!!

e0366602_21363652.jpg
e0366602_21363825.jpg
e0366602_21364342.jpg
e0366602_21364002.jpg

尚、皆楽しみにしていたはずの『夕闇プラ散歩ぃ/レインボーブリッジ&お台場海浜公園コース』は、2019年の夏に行う予定である。


e0366602_21364650.jpg
e0366602_21364871.jpg
e0366602_21365431.jpg
e0366602_21365008.jpg
e0366602_21365735.jpg

今回は、世界の東京の中心の東京駅「丸の内側中央改札口」が、いつの間にか午後9時で閉鎖になっている事実や、夜の皇居周辺が、昼間と全く違う顔をしていることがハッキリと分り、数年後の大警察国家日本の姿を垣間見ることができた。
まさに、本当の「サヨナラ皇居一周コース」となった!!

e0366602_21365961.jpg
e0366602_21370175.jpg


[PR]
by manaseden4 | 2018-10-12 22:00

■2018年8月5日



e0366602_20494991.jpg

夢源樹の「月刊ASKA」は好調で、会員申し込みが増えている。
ネットで毎月課金で観れるが、会員は無料で月一回の公開収録にも参加できる。

e0366602_20512597.jpg
e0366602_20512238.jpg

その最大のメリットは、ネット発信用に編集されていない「生講演」を聞くことが出来ることだが、飛鳥昭雄の渋ちゃんイビリが観れることだ(w

渋ちゃんイビリは、渋ちゃんファンが多いことからネットに流すことは御法度で、参加者しか観ることができない(^^♪

e0366602_20511946.jpg

実は、本番が始まる1時間前、きたる「隠岐ミステリーツアー」の打ち合わせを進めていた。
なんやかやで、今回は「月刊ASKA」の画像の「大出血サービス編」とさせていただいた。

e0366602_20511533.jpg
e0366602_20511294.jpg
e0366602_20515496.jpg
e0366602_20512946.jpg
e0366602_20513402.jpg
e0366602_20513115.jpg
e0366602_20513711.jpg
e0366602_20514042.jpg
e0366602_20515109.jpg
e0366602_20515496.jpg
e0366602_20515884.jpg
e0366602_20520006.jpg





[PR]
by manaseden4 | 2018-10-12 20:58

■2018年7月23日

e0366602_04504824.jpg

今日は「飛鳥堂株式会社」の設立と共に、大変お世話になっている税理士さんの事務所へ行く。

牛久駅側のマンション「ベルヴェラ牛久」に事務所を持つ「星出博利税理士事務所」である!!
甘いも酸いも十分に分かった人物で、本当に親身になって指導して下さるので、飛鳥堂が順風満帆で航海できるのだ。

e0366602_04501819.jpg
e0366602_04494845.jpg


世間広しとはいえ、飛鳥昭雄が「校長先生」と呼べる人物はこの人しかいない。
実はこの校長先生、大本の「出口鬼(王仁)三郎」を「ワニサブロウ」と発音する、生粋のオカルト好きなのである(^^♪

e0366602_05022150.jpg

飛鳥堂で頼む税理士を見つける際、飛鳥昭雄は特殊な方法で見つけ出した御仁で、会うとやはりピッタリの税理士さんだったというわけである。
スタッフも奥様から様々助けて頂いており、本当に助かっている次第。

e0366602_04511831.jpg

今日も、校長先生からいろいろ御指導を受けて満足して帰り、小用を済ませた後入ったレストランで、再び校長先生御夫妻と遭遇致しました(w


[PR]
by manaseden4 | 2018-10-12 05:03

■2018年7月20日




e0366602_04124315.jpg

e0366602_04122668.jpg


夏真っ盛りの暑い中、夢源樹の秘密喫茶「居皆亭」が開催された。
集合場所は神田神保町の「すずらん通り」の一角。

e0366602_04152529.jpg
e0366602_04172704.jpg
e0366602_04171971.jpg

  
すぐ近くに新築の大きい「小学館ビル」があり、すずらん通り一帯は「コロコロコミック編集部」が貸しビルにしていたところでもあったので、漫画家「あすかあきお」にとって故郷のような所。

e0366602_04243319.jpg

じつは、あすかあきおは「飛鳥昭彦」の名で「少年週刊ジャンプ」でデビューしており、「小学館ビル」の隣が「集英社」なので、この辺りは庭のような所である。
内容は、秘密喫茶「居皆亭」本編の第1部と、懇親会の第2部に分かれた参加可能型となり、今回はイメチェン仕立ての第1回となる。

e0366602_04172397.jpg
e0366602_04173072.jpg
e0366602_04152912.jpg
e0366602_04152760.jpg

今回のテーマは「隠岐」の宣伝と、天皇家の相当深い内容で、とにかく飛鳥昭雄と三上丈晴編集長なので、仕切り役のMC・政清姉さんもたいへんだったと思う。

e0366602_04154224.jpg

二次会は、徒歩5分ちょいの「居酒屋」で行われ、飛鳥と三上編集長が二つの席に分かれて参加者と談笑した。

e0366602_04153695.jpg
e0366602_04153984.jpg
e0366602_04155394.jpg
e0366602_04154498.jpg

e0366602_04154857.jpg


ところで、ミカル編集長は珍しくビール瓶の底のような眼鏡をかけているが、翌日、レンズを入れる手術をするた為、角膜を守るカバーということだった。


e0366602_04154541.jpg
e0366602_04155907.jpg
e0366602_04155580.jpg

e0366602_04160172.jpg
e0366602_04160526.jpg
 

札幌から来た人もいて、改正版の「居皆亭」は無事大成功に終わった。


[PR]
by manaseden4 | 2018-10-12 04:31