■2018年5月7日

e0366602_16425065.jpg

今日は夢源樹の「月刊ASKA」の日なので、池袋駅東口から徒歩数分にある講演会場へ向かう。

e0366602_16430809.jpg

池袋は何かと記憶にある所で、東京の顔の一つではあるが、新宿がオフィス・レディなら、原宿は女子中高生、渋谷はヤングアダルト世代で、池袋はアラフォー女史のイメージがどうしても強い。

e0366602_16420596.jpg
e0366602_16412431.jpg
e0366602_16421124.jpg
e0366602_16420734.jpg


まあ、講演にはそんなのは全く関係ないが、今回は非常に重要な観点、イルミナティ―には「前期」と「後期」があるとの説明から入った。
この前期と後期の違いって超重要で、後期イルミナティ―が陰謀論で話題にあがる悪のイルミナティ―のことで、創立者が違うのである!!

e0366602_16420970.jpg

今回は、世界が如何に騙され、支配され、滅亡に向かって突き進んでおり、彼らイルミナティだけが救われるのが「ハルマゲドン」という仕掛けの恐ろしい点と伝えたかった。

e0366602_16421315.jpg
e0366602_16412101.jpg

いつものように懇親会は懇親会独特のざっくばらんな時間で、これはこれで皆で超盛り上がった次第!!





[PR]
by manaseden4 | 2018-09-17 16:46

■2018年5月3日

今日は、加藤氏と廣沢女史が、常磐自動車道を走って「飛鳥堂Ⅰ」まで来てくれた。

e0366602_16053388.jpg

都内で運営していた「猫カフェ」を閉じる為、看板猫だったベンガルの「リンダ」「エル」を連れてきてくれたのだ。
どちらも雌で姉妹だが、性格が真逆で、繊細な姉と単純な妹の関係だ。

e0366602_16062492.jpg

ベンガルは黒人のアスリートみたいで、無駄な脂肪が無い筋肉だけの体形は、普通の家猫とはだいぶ様相が違っている。
本来なら、インドやパキスタンの高原を駆け巡っている野生ネコと、アメリカの家猫(アメショ?)と掛け合わせたというが真相は分からない。
とにかくジャンプ力が半端ない!!

e0366602_16054667.jpg
e0366602_16054315.jpg
e0366602_16054126.jpg
e0366602_16053880.jpg

贅肉が一切なく、尻尾などは骨しか入っていないのではないかというほど細くて硬い。
それに比べて、原住ニャンコ2匹は完全に家猫の体形と化している(*`艸´)ウシシシ

e0366602_16042399.jpg
e0366602_16043669.jpg

これで、飛鳥堂Ⅰは「アメリカンカール/coco」「アメショ/vivi」「ベンガル/el」「ベンガル/Linda」の4匹と、飛鳥堂Ⅱの「ブリショ/natuki」の計5匹のニャンコ王国と化した……

(=^・^=)乾杯!!

e0366602_16053629.jpg



[PR]
by manaseden4 | 2018-09-17 16:09

■2018年4月30日


昨夜は大阪の対談で、今日は「京都プラ散歩ぃ」の趣向である!!
  
e0366602_02250024.jpg
e0366602_02250625.jpg
e0366602_02251226.jpg
e0366602_02252224.jpg
e0366602_02251832.jpg
e0366602_02252701.jpg


飛鳥昭雄の関西での講演と散歩ぃは、年に1度か2度しかない為、関西方面のアスカリアンにとって、ありがたいことに見逃せないようである。
おかげさまで昨夜の対談は満席で、今日のプラ散歩ぃも、何と散歩なのに50人の参加者が集まってくれた。

 
e0366602_02252951.jpg
e0366602_02253333.jpg
e0366602_02253567.jpg
e0366602_02253890.jpg
e0366602_02254463.jpg

 
旅行代理店では、1ツアー24人のようで、24人毎に添乗員が1人ついて1パッケージだそうだ……それなら今回は1ツアー(ツアーではないが)で2倍集まった計算だが、実際は100人ほどが集まっていたのである。

スタッフが報告するには、あまりに大勢がmailで申し込んでこられた為、参加者40人以上は責任を持てないとして、mailの段階で断り続けた結果、50人まで絞れたという。

今回は、京都在住の右京氏が地元の利を最大限生かしてコーディネートしてくれた。
  
e0366602_02254752.jpg
e0366602_02254990.jpg
e0366602_02255206.jpg
e0366602_02255579.jpg
e0366602_02255883.jpg

 
なんやかやで、常連のアスカリアンの助けを得てスタート!!

最初はバスで行くと勘違いされていた初心者の方もおられ、実は散歩なんですよと説明して納得していただいたが、何しろ京都は辻毎に信号があり、観光地だけに人も多く、列が長く伸びて寸断される為、協力してくれた常連さんは大変だったと思う。



e0366602_02260182.jpg
e0366602_02260804.jpg
e0366602_02260383.jpg

 
それで向かった先は、祇園、八坂神社、河合神社、下賀茂神社と至ってスタンダードなコースだったが、そこに「飛鳥情報」が大量にぶち込まれるので、参加者の皆さんには満足して頂けたようだ。

e0366602_02261949.jpg
e0366602_02262296.jpg

年内にはもう一度「京都プラ散歩ぃ」があるかもというと、拍手喝采でしたので、「飛鳥堂」で何とか考えたいと思う次第である。
 

e0366602_02262470.jpg
 

最後に、京都駅に堂々と掲げられた「リニアを京都へ!!」の看板を見て、皆さん「やはり飛鳥情報は正しかった!!」で納得(^^♪



[PR]
by manaseden4 | 2018-09-15 02:35

■2018年4月29日

e0366602_05360402.jpg
 
大阪で3回目の「大阪/プラスワンウエスト・トークショー」が予定された日である。
  

e0366602_05360955.jpg
e0366602_05361380.jpg
e0366602_05361561.jpg

その前に、共演者の中山市朗(敬称略)のマンションに赴き、そこで弟子の人達の前で中山市朗の「怪チャンネル」を一緒に発信した。
  

e0366602_05554220.jpg
e0366602_05370156.jpg
e0366602_05363132.jpg

中山市郎は作家・怪異蒐集家として知られ、元はTVの放送作家だが、「新耳袋」のシリーズを共著者と発行し話題になった。
主な活動の舞台は大阪だが、昨年ぐらいから東京にも進出し、精力的な活動を開始していた。

e0366602_05390267.jpg
e0366602_05400153.jpg
e0366602_05393281.jpg

 
今回の飛鳥昭雄と中山市郎の対談は、『日本怪奇列島シリーズ/第二回』で、サブテーマが「陰陽道☆魔都『平安京』呪詛の極み!!」である。

e0366602_05380280.jpg
e0366602_05543964.jpg
e0366602_05383214.jpg

日本列島の根幹は「呪詛」で成り立ち、全ての習慣が「祟り封じ」で成り立っているというオドロオドロシイ内容で、今回は「陰陽道」から魔都「平安京」の呪縛を二人で解明した!!
 

e0366602_05403285.jpg



[PR]
by manaseden4 | 2018-09-14 05:45

■2018年4月22日


この日、パーソナルコーチで知られる加藤好洋氏が経営するペットショップに伺った。
 
e0366602_03061535.jpg
 
場所は相鉄線の星川駅にあるとかで、駅に着くと加藤氏のスタッフで、飛鳥昭雄とも知り合いの廣沢女史が迎えに来てくれていた。

e0366602_03061981.jpg

  
店はふつうのペットショップではなく、大きなダチョウが数羽いたり、絶対人になれない雉(きじ)が手乗りになっていたりと、TVでも紹介されるほどの店だったが、様々な理由で今日が閉店日だという。
 
e0366602_03062274.jpg
e0366602_03070331.jpg
e0366602_03062504.jpg

そこで、猫好きの飛鳥堂に「ペンガル」の姉妹2匹を進呈するという話になり、驚いた次第。
ベンガルといえば大きなペットショップでも滅多に扱わない猫で、ふつう買うとなると諸経費込みで1匹80万円はする代物だ。
聞けば、大事に扱ってもらえる人を探していたとかで、飛鳥堂に貰ってほしいとのこと……

e0366602_03181113.jpg

飛鳥堂のスタッフも、人に慣れているようで頂けるなら2匹一緒にという話になった。

e0366602_03071396.jpg
e0366602_03071001.jpg
これで「飛鳥堂Ⅰ」には2匹の先住猫にベンガル2匹を加えた4匹になるが、先住猫は2匹とも優しい性格なのでおそらく大丈夫と踏んだ。
数日後に飛鳥堂へ車で運んで貰うことで話がまとまり、あれよあれよという間に1日が過ぎた。



[PR]
by manaseden4 | 2018-09-14 04:51

■2018年4月21日

e0366602_04342816.jpg
 
日本初の経営コンサルタントで、自ら立ち上げた会社は数百を超え、経営コンサルタント会社として世界初の株式上場を果たした伝説の人物が船井幸雄氏だった。

e0366602_04332385.jpg

興した企業で代表的な物だけでも、船井総研、船井メディア、船井財産コンサルタンツ、船井本社など、そのどれもの代表取締役会長を務めたが、2014年1月19日に永眠した。

e0366602_04364188.jpg
e0366602_03423537.jpg

今回の「舩井フォーラム ザ・ファイナル」は、その追悼の意味があったようだが、やはりファイナルに相応しく、会長と縁があった人々による船井会長最大のテーマでもあった「宇宙は、よろこびそのもの~どんな人生にも光は当たる」で、まる2日間、パシフィコ横浜で開催することになった。

e0366602_04335899.jpg

 
15年前、「船井オープンワールド」から始まったは、「舩井幸雄オープンワールド」そして「舩井SAKIGAKEフォーラム」更に「舩井フォーラム」へ進歩し、ザ・ファイナルを冠するラストステージを迎えることになった。

e0366602_03453384.jpg
e0366602_03450391.jpg
e0366602_03440380.jpg
 
広い会場は満員に近く、飛鳥昭雄は2日に及ぶ「舩井フォーラム ザ・ファイナル」の最終話者(ラストスピーカー)を務めることになった。

e0366602_03443355.jpg
e0366602_04400696.jpg

飛鳥昭雄のテーマは「宇宙の絶対的真理を知る!!」で、大体の方向性は以下で語っている。




[PR]
by manaseden4 | 2018-09-14 04:40

■2018年4月16日

今日は、飛鳥昭雄の‟〇8歳”の誕生日である♡

e0366602_00115250.jpg

それを記念してか否かは分からないが、最近、大学キャンパスを歩くのが好きで、今回はお膝元にある筑波学園都市の「筑波大学」へ行ってみた。

e0366602_00260239.jpg
e0366602_00263291.jpg
e0366602_00211734.jpg

1973年(昭和48年)10月1日 に 筑波大学が開学され、まさしく研究都市の中核大学として登場した。

e0366602_00115573.jpg
e0366602_23580431.jpg
e0366602_23580248.jpg

当初、早稲田大学との関係で、大槻義彦教授(当時)の火の玉研究小屋で、プラズマを人工的に発生させる実験を行っていた。

e0366602_00115767.jpg


ここの購買店に漫画の原稿用紙が売っていたので買って帰ったが、うっかりB5サイズを買ってしまい、後でA4サイズと交換してもらった。

e0366602_00115907.jpg
e0366602_00113841.jpg

 
キャンパスの中に「講道館柔道」の創始者の嘉納治五郎の銅像が立っているが、東京大学の前身「第一高等学校」、筑波大学の前身「東京教育大学」の校長を歴任したからである。

e0366602_00372697.jpg

とにかく筑波大学は広大なキャンパスで、敷地内をバスが走り回るほど広大である。



[PR]
by manaseden4 | 2018-09-13 00:37

■2018年4月14日

e0366602_23194808.jpg
e0366602_23204827.jpg

隔月で、KFC両国で行われる「ASKAハイパープレミアム3」の第8回である。

e0366602_23181781.jpg
e0366602_23160028.jpg
e0366602_23163097.jpg

第1部(1時間半)は、オカルト現地取材報告第8回の「沖縄独立の衝撃!!』 第2部(1時間半)はオカルト・スペシャルセミナー第8回で『エノクの街・帰還命令!!』 第3部(1時間半)は世界終焉カウントダウンで『日韓外交日本完敗史/お坊ちゃまが国際舞台で詐欺られる灰色の未来!?』、第4部が質疑応答だった。

e0366602_23290482.jpg
e0366602_23285687.jpg
e0366602_23215887.jpg
e0366602_23201864.jpg
e0366602_23184789.jpg

早割価格は8000円で、4本立てなので1作2000円のお得感があり、1回だけなら料金持ち越しができる。
普通予約&当日券は1万円 である。

e0366602_23170001.jpg



[PR]
by manaseden4 | 2018-09-12 23:30

■2018年4月5日

e0366602_22030409.jpg

今年の「ASKAプラ散歩ぃ」の大学キャンパスシリーズで、行き先予定の「早稲田大学」の下見を行った。

e0366602_22024441.jpg
e0366602_22024768.jpg

新宿区戸塚にある早稲田大学は、明治新政府の「大学令」に基づき、大隈重信が明治十四年に設立した「東京専門学校」が前身で、10年後に「早稲田学校」と名付けられ、やがて「早稲田大学」になる。

e0366602_22022859.jpg
e0366602_22023540.jpg
e0366602_22024134.jpg
e0366602_22023836.jpg

早稲田大学と言えば、飛鳥昭雄的には「大槻義彦教授(現在・名誉教授)」で、巨大な早稲田ビルの「51区画(エリア51)」にプラズマ実験室を持っていて、取材で何度か通った思い出がある。

e0366602_22030257.jpg
e0366602_22030744.jpg
e0366602_22031519.jpg
e0366602_22030898.jpg
e0366602_22031916.jpg

早稲田大学のキャンパスは東京大学より少し狭いが、その分だけコンパクトに仕上がっており、古い建物(いい腐り具合)も若干残っており、緑も多くて散歩にはうってつけである。

定番の「学食」も食べてみたが、量が多くて安いのはどの大学も同じだが、スイーツがお洒落で気に入った♡

e0366602_22025507.jpg
e0366602_22025842.jpg
e0366602_22030068.jpg


秋になってから年内に皆と一緒に早稲田大学をプラ散歩ぃしたい。





[PR]
by manaseden4 | 2018-09-12 22:07

■2018年4月3日

四ツ谷駅から少し行った「共生バンクグループ」で、年内、本格的に旗揚げする「ともゆきプロジェクト」の内容を煮詰める集会があった!!

e0366602_16014540.jpg
e0366602_16012112.jpg

プロテスタント教会の社会での成功者が集結し、カトリック教会ほど組織的ではない弱点を「神道」と、その先にある「天皇」を中核とし、更に飛鳥情報の「天照大神=イエス・キリスト」を吸引力に、様々な分野のプロテスタントの成功者たちが集結し始めた。

e0366602_16013420.jpg
e0366602_16014231.jpg


そこで最もいい時期として、「年号(国号)」が変わる2019年5月までに、東京の中心部で行う旗揚げで、それには知恵と知識を総導入せねばならないということ……

e0366602_16013989.jpg


詳細は語れないが、新天皇を祝う式典とも関連する「伊勢神宮」も押さえておきたい。

[PR]
by manaseden4 | 2018-09-12 16:04