人気ブログランキング |

■2018年9月23日

二日目も快晴である!!
今年は台風の当たり年だけに、この時期に全て晴なのは奇跡的である。
今日は、島後から島前にフェリーで移動する。
東の島後が雄(陽)なら、西の島前は雌(陰)になる。
e0366602_04322562.jpg
e0366602_04322817.jpg
e0366602_04323191.jpg
島後の「爆裂火口」を通過する。ドーナツ状の火口が半分まるごと吹き飛んだ跡である。
e0366602_04323418.jpg
e0366602_04323786.jpg
e0366602_04324082.jpg
隠岐の島前は「西ノ島」「中ノ島」「知夫里(ちぶり)島」の三島が巨大なカルデ噴火口を形成している。
我々は、その内の「西ノ島」に上陸し、後醍醐天皇縁の地を訪れる。
そこは「黒木御所」といい、国体である天皇のいる場所が「御所」となる。
e0366602_04325074.jpg
e0366602_04325377.jpg
e0366602_04325746.jpg
e0366602_04330054.jpg
後醍醐天皇が隠岐を脱出する時、世話になった島民に不思議な物を手渡している。
それはまるで隠岐の縮図のような形で、左が「愛染明王」、右がトンデモナイ物を象徴していた!!
e0366602_04500859.jpg
e0366602_04501143.jpg
e0366602_01331150.jpg
e0366602_04501493.jpg
e0366602_04501770.jpg
「焼火(たくひ)神社」も島前の「西ノ島」の山頂付近にある。
古代、湾に火の玉が三つ乱舞したことから名の由来となったが、重要なのは、この逸話が元になり、寺社の瓦屋に見かける「三巴紋」が生まれたことである!!
にもかかわらず、焼火神社の聖紋に双六の「五」に似た謎の紋があることだ。
もし四方を取った後、中央を取る意味であるなら、三礼三拍一礼を「籠神社」を筆頭に物部系の「諏訪大社」「熱田神宮」「伊雑宮」で行い、最後に「隠岐」を岩戸開きする意味と思われる。
e0366602_04502025.jpg

e0366602_04502325.jpg
e0366602_01334593.jpg
隠岐はやたらと「烏」が多い処で、案の定、烏天狗が「焼火神社」に保管されていた。
e0366602_04502858.jpg
e0366602_04503776.jpg
まるでイングランドのような風景は、「摩天崖」といい、牛や馬が放たれている。
毎年、牛が切り立った崖から落ちる為、落下防止の策がしてある。
e0366602_04504071.jpg
e0366602_07530858.jpg
e0366602_04504393.jpg
e0366602_01092546.jpg
e0366602_04505435.jpg
e0366602_04505735.jpg
牛と牛が戦う闘牛は日本全国6ヶ所にその伝統があるが、隠岐の「牛突き」は約800年の長い歴史を持つ日本最古の闘牛である。
元は、島流しになった後鳥羽天皇(上皇)を慰める意味だったとされるが、隠岐の牛は徐福が島に持ち込み、燔祭を捧げたことに由来すると思われる。
始皇帝も牛を燔祭に捧げていた証拠が残されているからである。
e0366602_04510007.jpg
「摩天崖」の次は、船に乗って「中ノ島」に移動し、後鳥羽天皇(上皇)由来の地を訪ねる。

e0366602_04510303.jpg
e0366602_04510560.jpg
後鳥羽上皇は、承久3年(1221年)の「承久の乱」で、鎌倉幕府に反乱を企てたとして隠岐に島流しにされ、この地で亡くなったとされ、「和歌」の名手として知られた天皇だった。
その墓を守っているのが「村上家」で、その頭首の自宅が「資料館」になっており、まずそこを訪れることにした。

e0366602_04510803.jpg
e0366602_04511534.jpg
立派な入口の上にある破風に「鴨」が舞うのは、京都の「加茂神社」の鴨族と縁があることを示唆するとみて間違いないだろう。
e0366602_04511868.jpg

e0366602_01343894.jpg
e0366602_04513089.jpg
e0366602_04512778.jpg


e0366602_04513268.jpg
水無瀬(みなせ)家との交流があるという村上家の当主は、48代目助九郎氏で、隠岐の名家である。
e0366602_06265428.jpg
村上家のある海士町は『ないものはない』を宣言している。
この不可解な言葉は、「無くてもよい」「大事なことはすべてここにある 」2重の意味をもち、まさに隠岐に全てが隠されている為、無いように見えるとも受け取れる意味深な宣言である。 
e0366602_04514043.jpg
隠岐の島前と島後と両方を結ぶ浅瀬で「瓢箪」を示し、瓢は「鉢」で箪は「皿」を表す為、「頭蓋骨に皿」となり「河童」を表す。
河童は「漢波羅(カンパラ)」と称する「陰陽師」の別称で、ユダヤ密教の「カバラ(カッバーラ)」の使い手の意味を持つ。
同じシンボルが「籠(この)神社」の奥宮「眞井神社」の境内の石碑に穿ってあり、隠岐と籠神社の深い関連を垣間見ることが出来る。
「五七の桐紋」が天皇家の表紋であり、よく知られる「菊花紋」は裏紋である。
e0366602_04514359.jpg

e0366602_04514645.jpg
e0366602_04514839.jpg
e0366602_01052996.jpg
後鳥羽上皇の実質的な墓地「御火葬塚」の脇にあるのが「隠岐神社」で、創建は1940年(昭和15年)で、法皇の崩御700年に執り行われた「後鳥羽天皇七百年祭」の年(1939年)に完成した。

e0366602_04515137.jpg
「隠岐神社」には、京都で天皇帰還を待つ和歌の一族「冷泉家」が近年頻繁に訪れるのは、新しい天皇が預言された「ラストエンペラー」となるからであろう。
隠岐に来ない皇族で天皇になった者は一人もない。
つまり隠岐こそ「裏鬼門」に当たる。
「温羅(うら)」は鬼の名で「隠」も鬼を意味するからである。
飛鳥昭雄は、烏の指示の通り「隠岐神社」で「天之逆手」による三礼三拍一礼を行い、三上編集長、吉田議員も同じ方法にて「正式参拝」を行った結果、島前の岩戸開きも完成した!!
これで島後と島前で陰陽三度づつ三礼三拍一礼が行われた。

e0366602_04515390.jpg

1873年(明治6年)、法皇の御霊を大阪府三島郡島本町の「水無瀬神宮(みなせじんぐう)」に奉遷したため、1874年(明治7年)に後鳥羽院神社も取り払われ「御火葬塚」となった。
実は、岩戸開きを行った飛鳥昭雄は、父の仕事(サントリー山崎工場)の関係で、小学生に上がるまで三島郡島本町に住み、水無瀬神宮はすぐ近くにあり、そこの有名な湧き水を飲んでいた。
私は今回の件も含め偶然とは思わない。

この地に徐福が始皇帝から託された「契約の聖櫃アーク」の箱(下部)を運び入れ、隠岐を聖別した為、そこに「隠岐神社」が鎮座したのである。




by manaseden4 | 2019-01-02 07:18

■2018年9月22日

晴れた!!
日本晴れである(^^♪
隠岐と本土(境港)の間を、カーフェリーと高速船航路を運営する「隠岐汽船」のフェリーが到着した。
見事な「アルザル・シンボル」というか「心御柱」マークである!!
e0366602_03063273.jpg
「隠岐ミステリーツアー」のフェリー組がどんどん船から降りてくる。
e0366602_03133312.jpg
e0366602_03135605.jpg
フェリー組をマイクロバスに乗せたら、今度は飛行場へと向かう。
飛行機組との合流である。
空港には、二人の天皇「後鳥羽天皇(上皇)」と「後醍醐天皇」のポスターがある!!
共に隠岐に流された天皇だが、天皇が鎮座した所が基本的に国の要となるので、隠岐は過去2度、日本の首都になった事になる。
e0366602_03143948.jpg
e0366602_04291129.jpg
e0366602_04294422.jpg
e0366602_03155711.jpg
e0366602_03162850.jpg
e0366602_03184094.jpg
e0366602_03190007.jpg
「隠岐ミステリーツアー」は学研+の「ムー」の総力特集取材でもある為、「月刊ムー・隠岐ミステリーツアー御一行様」となった。
e0366602_03191947.jpg
実は、当日の朝、飛鳥昭雄によってコースが急に変更となった!!
「寸前まで要(かなめ)を明かすな!!」という烏の指示があったからだ。
e0366602_03223118.jpg
「島根県議会」の唯一の隠岐出身者である吉田議員の案内と解説で、いよいよ隠岐ミステリーツアーがスタートした!!
e0366602_03225855.jpg
最初は、隠岐(島後)側で確認できる「マントル」の露出部である。
溶岩の「マグマ」ではない、地殻の下にあるマントルがそのまま海底から露出する世界でも稀な地質である。
隠岐(島前・島後)の地下は淡水の巨大な地下湖になっており、温泉が存在しない。
つまりマグマ溜まりがなく、なぜ古代に火山が大噴火したかが未だに謎になっている!!

e0366602_03232267.jpg
次に向かうのが、「オノゴロ島」に舞い降りた伊邪那岐命(雄)の象徴である巨大な陳鉾(チンポコ)で、巨大な岩が円筒形にそそり立っている。
が、予定変更のため、遠くから眺めるだけとなった。
e0366602_03235653.jpg
e0366602_03241410.jpg
飛鳥昭雄が烏の指示を受けたのは、隠岐の「内宮」「外宮」そして「玉若酢命神社」の三社にて、「天之順手」による「岩戸開き」をすることである。
つまり三礼三拍一礼を決行する事だ!!
その間、妨害があってはならないので、寸前まで公開しなかった。
e0366602_03254249.jpg
e0366602_03260622.jpg
e0366602_03261186.jpg
e0366602_03261465.jpg
「相撲発祥の地」は幾つかあるが、筆者は隠岐と確信している!!
隠岐相撲の本番では「土俵」が三段になるからである!!!!
e0366602_03261795.jpg
e0366602_03262085.jpg
e0366602_03262552.jpg
e0366602_03262759.jpg
e0366602_03263048.jpg
屋久島の「縄文杉」が飛んで逃げるほど巨大な超縄文杉が境内に立つ御神木である。
e0366602_03263228.jpg
e0366602_03263791.jpg
隠岐の三社配置は、伊勢の「外宮」「内宮」「伊雑宮」と対応するが、この時、三上編集長はとんでもないことに気づいた!!
総力特集号(2019年2月9日発売)に乞うご期待!!!!!!
e0366602_03264093.jpg
夕食は、自衛艦の脇で頂戴することになった(^^♪
まるで今回のツアーを守ってくれているかのようだ!!
e0366602_03264272.jpg
e0366602_03264597.jpg
e0366602_03265119.jpg
海の幸のサザエ、アワビ、トビウオ、ワカメ等々が出され、山の幸のトウモロコシ、イモなどが次々に出された。
e0366602_03265408.jpg
e0366602_03265715.jpg
隠岐の島民の人達によるバンドが中々聞かせるのである♬
e0366602_03270076.jpg
明日は、西の「島前」に向かうことになる!!





by manaseden4 | 2019-01-02 04:16

■2018年9月21日

e0366602_02360163.jpg
e0366602_02345875.jpg
e0366602_02352347.jpg
飛鳥堂&夢源樹企画、学研+「ムー」協賛、旅行会社クラブワールド主催の「隠岐ミステリーツアー」が2泊3日で決行されることになった!!
そこで主催側全員が前日入りすることになった。
「羽田空港」で朝食をすます。

e0366602_03015783.jpg
e0366602_02372771.jpg
現地に着くと、空模様が芳しくなく、予報では夕方から雨というが、この時期は台風シーズンで晴れることが稀らしい。
明日の本番は大丈夫なのか?
e0366602_02375724.jpg

e0366602_02384374.jpg
e0366602_02392276.jpg
飛鳥昭雄と三上丈晴編集長は「晴男」で、特に飛鳥昭雄は強烈なので本番では何の心配もしていない。
明日の本番のため、今日はできる限り予定のコースを回ることになった。
三上編集長は相変わらず趣味の石拾いに精を出す。
e0366602_02393855.jpg
案の定、夕方から大雨になり、明日は大丈夫か訝る声もあったが、飛鳥昭雄の超晴男運に頼るしかない。
その日の夜、地元の歴史研究者の方々と話し合いがなされた。
e0366602_02401848.jpg
e0366602_02403649.jpg
e0366602_02405719.jpg
まあ、晴男の三上編集長もいるのでまあ大丈夫だろう…おそらく。



by manaseden4 | 2019-01-02 02:52