■2018年11月17日

e0366602_10394871.png
 
今日は「ASKAプラ散歩ぃ(第13回)」である。
今回の散歩先は「明治神宮/平成ファイナル」で、まさしく2018年の最後となる。
待ち合わせ場所は、「神社本庁」もコースに入っている為、JR「代々木駅(西口)」になった。
e0366602_06291738.jpg
e0366602_06291996.jpg
今回も、福岡県、京都府、石川県など遠方からの参加者もおられ、主催側として身が引き締まる。
待ち合わせ後、予定の為すぐに11時30分からランチを取った。
あらかじめ人数分を予約していた「土風炉代々木店(料理・ドリンク付き)」である。
e0366602_06292268.jpg
e0366602_06292578.jpg
e0366602_06292703.jpg
e0366602_06292984.jpg
e0366602_06293193.jpg
e0366602_06293447.jpg
e0366602_06294317.jpg
ランチ後、代々木駅から明治神宮北口に向かう脇にある「神社本庁」に出向いた。
誰言うことなく、この上ない漆黒の姿は、ハリウッド映画『スター・ウォーズ』の悪役「ダース・ベイダー」みたいな風貌である。
さすが権力の権化で、様々な問題を引き起こす「黒い巨塔」である。
e0366602_06294669.jpg
e0366602_06294810.jpg
「明治神宮」というと、普通はJR「原宿駅」から「表参道口」に入り、玉砂利の参道を抜ける道順で参拝するが、今回は、逆方向から入るため、参拝者でもあまり行かない「宝物殿」がある「北池」に向かった。
そこには明日香村と同じ名の「亀石」が鎮座していた。
その亀石を時計回りに回ると縁起がいいというので、皆で一周した(^^♪
e0366602_06295081.jpg
e0366602_06295228.jpg
e0366602_06295468.jpg
e0366602_06295721.jpg
e0366602_06300099.jpg
「宝物殿」は現在工事中で、宝物は、やがて建設される「明治神宮ミュージアム」に移管される。
e0366602_06300215.jpg
e0366602_06300454.jpg
e0366602_06300669.jpg
天気も良く、散歩なのでゆったりした時間を過ごせる為、広い芝生の上で寝そべったり、日向ぼっこをしたり、皆で自由な時間を過ごした。
e0366602_06300962.jpg
e0366602_06301058.jpg
e0366602_11421556.jpg
e0366602_11422011.jpg
e0366602_11422253.jpg
e0366602_11422558.jpg
e0366602_11422853.jpg
この日は「七五三」だったことから、着飾った子供と一緒に歩く親の姿が目立った。
そういう中、古(いにしえ)を彷彿させる「結婚式」も行われて、参加者は皆ちょっと得をした感モードになった。
e0366602_06301580.jpg
e0366602_11150625.jpg
明治神宮は「ハート形」が特に多い神宮で、ほとんど誰も知らないが、この文様は「菊花紋(16花弁)」の中抜きで出来ている!!
e0366602_11150075.jpg
e0366602_06301830.jpg
明治神宮には、「菊花紋(16花弁)」だけではなく、珍しい「菊花紋(12花弁)」もある。
お土産の素焼きの「銅鑼」にも12花弁が付いていて、ユダヤではイスラエル12支族に関する場合にのみに使われたという。
e0366602_06354577.jpg
天皇家の家紋は「五七の桐紋」だが、なぜかここでは「五三の桐紋」で、不思議に思うだろうが、ひっくり返すと「五七の桐紋」となり、中心柱が「七枝燭台/メノラー」になる仕掛けがしてある。
e0366602_06302419.jpg
e0366602_06302647.jpg
明治神宮の「しめ縄」は、左が太い「出雲式」でも、右が太い「伊勢式」でもなく、両方を合体させた注連縄になっているのも、明治天皇が古神道にも神道にもいた「レビ族」である証拠といえるだろう。
京都のアスカリアンが言っていたように、奉納された酒樽に「金鵄」が3樽あるので、それを確かめてほしいと言っていた。
おそらく「八咫烏の三本足」を連想してのことだろう。
e0366602_06302764.jpg
e0366602_06303092.jpg
20名の参加者(スタッフを含む)の集合写真で、檜(ヒノキ)の鳥居を背景にしている。
この後、予定では「竹下通り食べ歩き」だったが、地下鉄「表参道駅」まで電車で行って、そこの貸しルームで1時間ほど対話の時間を持った。
e0366602_06303290.jpg
e0366602_06303426.jpg
e0366602_06303712.jpg
e0366602_06303938.jpg
e0366602_06304123.jpg



# by manaseden4 | 2019-01-04 09:59

■2018年11月14日

スーパー公務員の異名を持つ高野誠鮮氏の講演が静岡県三島市であるので、新幹線の「こだま」で行ってきた。
晴れていて気分がいい。


e0366602_04302989.jpg
e0366602_04303195.jpg
e0366602_04303477.jpg
e0366602_04303691.jpg
愚か者は「失敗しない人生」を送ろうとするが、成功者は失敗を糧とする人生を送る!!
リスクのない人生などあり得ない。にもかかわらず、子供に失敗させない工夫をして駄目な人間を大量生産する。
世の成功者は、失敗する経験をしている為、二度と同じ失敗しなくなるが、失敗しないよう教育された子供は、人生の最後で大失敗をする。
失敗の経験がない為、失敗が分からず大失敗に突入するのである。
高野氏は数々の失敗を乗り越えていく人生を送った結果、世界に誇れる日本人の一人になった!!
e0366602_04303815.jpg
講演まで時間があるので、文化会館近くに鎮座する「三嶋大社」を訪れることにした。
e0366602_04304176.jpg
e0366602_04304316.jpg
三島を‶三嶋”と表記するには意味がある。
「嶋」は‶八咫烏”を示唆するからである!!
「嶋=山・鳥」で、山に帰るのは‶烏(カラス)”と決まっているからだ。
「山」は‶三柱”で三本足を示している。
三本足の意味は、二本足の人が杖をつくことで、杖を持つ羊飼い、あるいは杖を持つ預言者を暗示するからである。
e0366602_04304482.jpg
e0366602_04311579.jpg
e0366602_04311841.jpg
e0366602_04312016.jpg
全国の「三島(三嶋)神社」の社紋は「三」に「八角形」である。
数字では「三・八」で「3+8=11」の11は「失われたイスラエル10士族+レビ」の11を表し、物部系古神道を暗示する。
同時に「三種の神器」が八角の中にあるのは、「契約の聖櫃アーク」を示している。
八は「八坂神社」や「八幡神」を示し、鎌倉の「鶴岡八幡宮」や九州の「宇佐八幡宮」の「扁額」にある八は‶鳥が向き合う姿”になっている。
これは翼を広げて向き合う「ケルビム(翼)」でアークの「蓋」を示唆している。
同時に八つ角(かど)は「箱」をも暗示する為、三嶋大社の「社紋」一つで、「三種の神器・箱・蓋」を示すのである。
e0366602_04312253.jpg
e0366602_05333587.jpg
「三嶋大社」の主祭神は「大山祇命(おおやまつみのみこと)」と「積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)」。
この二柱の神を「三嶋大明神(みしまだいみょうじん)」として合体させ、今では「事代主神(ことしろぬしのかみ)」となっている。
事代主の別名は「飛鳥大神(あすかのおおかみ)」で、事代主が大国主命の国譲りに関わる事から「国譲りの神」とされる。
その飛鳥(奈良)と関わる為、三嶋大社には「鹿」が飼われているのである!!
e0366602_05345491.jpg
同時に、事代主が大和朝廷(天孫族)と関わることから「天照大神」の分身ともされ、鹿のほかに「鶏」も一緒に飼われている。
事代主の別名の一つが「恵比寿(えびす)」でもあり、海に流された「蛭子(ひるこ)」が戻って恵比寿になった由来から、三途の川を超えて蘇った(お隠れから復活した)事から「天照大神=恵比寿」となる一方、「素戔嗚尊(大国主神)=大黒天」があり、両神を「恵比寿大国」として表記もする。
その為、古神道の神が神道の神と同神で、天照大神が人柱に掛けられ、岩戸にお隠れになった後、復活したので「天照大神=イエス・キリスト」となり、三嶋大社の拝殿の縄は「十字」に掛けられている!!
e0366602_05333280.jpg
高野誠鮮氏の講演会の控室には大勢の関係者が訪れ、高野氏の知名度の高さを知ることが出来る。
わざわざやってきた飛鳥昭雄にも心使いをしてくれ、彼が企画して石川県羽咋市に建てた巨大な宇宙の窓口施、「コスモアイル羽咋」に、どえらい仕掛けがある秘密を語ってくれた。
これは、まだ公開するわけにはいかない!!
e0366602_04312444.jpg
e0366602_04312608.jpg
e0366602_04312800.jpg

# by manaseden4 | 2019-01-04 05:55

■2018年11月4日

e0366602_05044151.jpg
e0366602_06005018.jpg

夢源樹の「月刊ASKA」の公開収録だが、2019年度から、ここで話すメイン情報は「ハーフ・イヤー/半年」公開しないことになる。
つまり「月刊ASKA」の初公開の内容は半年は他所で公開しないことになる。
e0366602_04171061.jpg
e0366602_04180057.jpg
e0366602_04180383.jpg
e0366602_04180549.jpg
e0366602_04180757.jpg
「月刊ASKA」収録の参加者だけ、飛鳥昭雄の渋ちゃんイジリを楽しめます。
本当のいじめではなく芸風として「飛鳥&渋」の質疑応答を楽しめます。
実際の収録公開では、イジリが全てカットされている。
e0366602_04181092.jpg
e0366602_04181207.jpg
「懇親会」が終了した後、夢源樹のスタッフと一緒に、2019年度の調整を行ったが、前述の「ハーフ・イヤー」も、この場で話し合って決めたものだ。

e0366602_04181487.jpg
e0366602_04181655.jpg
e0366602_04181852.jpg


# by manaseden4 | 2019-01-04 04:28

■2018年10月27日

e0366602_10394871.png


この日の「ASKAハイパー・プレミアム3」は、東北新社の正月映画「緊急検証!THE MOVIE」の収録が入る。

e0366602_07175804.jpg

e0366602_10404059.jpg
e0366602_11342292.jpg
e0366602_10404574.jpg
だから今回の「ASKAハイパー・プレミアム3」は特別版で、飛鳥堂出版部の編集長で、シンガーソング・ライターのMU(星野睦子)女史の歌から始めることにした。
e0366602_11350566.jpg
e0366602_10405079.jpg
①「オカルト現地取材報告:第11回/「ギザの丘『大ピラミッド』内部を報告!!」
e0366602_10410902.jpg
e0366602_10405341.jpg
『オカルト・スペシャルセミナー:第11回/「‟神隠し”恐怖の実態報告!!』
e0366602_10411534.jpg
e0366602_10405528.jpg
『世界終焉カウントダウン:第11回/「CIA製‟日本再占領計画”は日本人壊滅プロジェクト!!」』
e0366602_10420281.jpg
e0366602_10405858.jpg
e0366602_10410228.jpg

e0366602_06415576.jpg

e0366602_06421287.jpg


# by manaseden4 | 2019-01-03 11:31

■2018年10月23日

e0366602_09022640.jpg
国際フォーラムの大成功を、2019年の新天皇即位と新年号の勢いをかって、柳瀬会長を中心に「共生(ともゆき)プロジェクト」を更に発展させるための集会が開かれた。

e0366602_09272458.jpg
e0366602_09272865.jpg
e0366602_09273140.jpg
e0366602_09273307.jpg

「天照大神=イエス・キリスト」で飛鳥昭雄がプロテスタントに協力し、「古神道=ユダヤ教」「神道=ユダヤ教」を掲げ始めたプロテスタントの柔軟性が、日本社会を大きく変える可能性が見えてきた。
飛鳥昭雄は、彼らに天照大神を拝する「神道・プロテスタント」を掲げるほどの自由度が必要と訴えるつもりでいる。

e0366602_09273879.jpg
e0366602_09274115.jpg
e0366602_09274423.jpg
e0366602_09274756.jpg

2019年の春から「成田空港」のホテル・ヒルトンの後ろに広がる広大な土地を手に入れたプロジェクトは、「天照大神」の名で、巨大な施設とパピリオンを建設し、「伊勢神宮」脇の巨大施設と連動させながら、世界中の人々に「天照大神=イエス・キリスト=アラー=ヤハウェ=ヴィシュヌ=観音菩薩」を伝える巨大な発信基地になる予定である。
e0366602_09363317.jpg

飛鳥昭雄が所属する「末日聖都イエス・キリスト教会」だが、アメリカの教会指導者は柔軟で、中南米での伝道の大成功から、「地元の神=イエス・キリスト」を常識とするが、日本人の教会指導者(特に老害)は全く駄目で、謙虚さがなく、ほんの一部の人を除き、導きや霊感が完全に欠落している…というか元々無いのだろう。
ソルトレイクをはじめとする多くのアメリカの教会指導者による日本の奇跡の預言も、肝心の日本人教会指導者達が全く信じておらず、集団で牙をむいて歯向かってくる有様では、祝福がプロテスタント教会に流れるのも当然の結果だろう。
中央管理本部(PBO)の日本人の部長に至っては、「佐藤兄弟(飛鳥昭雄のこと)の言うことは絶対にありませんから!!」と断言するほど、日本の末日聖徒の教会は、救いから最も遠い教会になった。
彼らは「麦畑に蒔かれた毒麦」「井戸に流された毒」といえる!!
e0366602_09475134.jpg

飛鳥昭雄の役目は、中心軸をアメリカの末日聖都イエス・キリスト教会に起きながら、他の宗教や宗派を超えた「神の計画」を推し進めることと承知している!!






# by manaseden4 | 2019-01-03 09:38