人気ブログランキング |

■2017年12月29~30日


一泊二日で年末恒例の『飛鳥庵』だが、師走ばかりか大晦日前日まで、多忙な皆さんが参加してくれることは嬉しい限り(^^♪

今回は14人が参加してくれた。

宿泊先は筑波山の麓の老舗旅館「江戸屋」で、飛鳥堂では大分前から利用してきた温泉旅館である。

有名人も結構利用していて、喫茶店に多くの色紙が展示され、最近でも「あさイチ」の有働アナが利用している。

つくば新線(エクスプレス)の「つくば駅」で待ち合わせし、そのまま江戸屋のマイクロバスで筑波山へ向かう。

e0366602_20063533.jpg
e0366602_20073284.jpg
e0366602_20074343.jpg
e0366602_20075584.jpg

いつものことながら、飛鳥昭雄は超晴れ男なので、ツアーや外巡りのイヴェントで雨が降ったためしがない。(一度だけ猫田門主催の一日バスツアーで例外があり、その時、何故か男性しか参加していなかった)

向かう江戸屋は大きな日本風温泉旅館で、部屋割りを受けた後、すぐ横の「筑波神社」でお参りをした。

e0366602_20081177.jpg

巨大な鈴が吊るされた神社で、雄の「千木(ちぎ)」と雌の「鰹木(かつおぎ)」を合体させた珍しい構造である。

そこで蘊蓄(うんちく)を語った後、皆で温泉に入った。柔らかな軟水で体にとって非常に気持ちがよかった。

e0366602_20083964.jpg

夕食も一流で、全員が舌鼓を打って、飛鳥昭雄も全て食べつくした。

e0366602_20090100.jpg
e0366602_20092437.jpg
e0366602_20093397.jpg
e0366602_20094463.jpg

その後、いよいよ吉田松陰塾のような「飛鳥庵」がスタートし、様々な意見が交わされ、これまでのイヴェントとは一味違う本音の意見が飛び交った。

そんな濃密な時間が過ぎて早朝深夜3時にまで至った。

e0366602_20100412.jpg
e0366602_20101598.jpg
e0366602_20103542.jpg
e0366602_20110424.jpg
e0366602_20113502.jpg

翌日は車に分乗し、全高120メートルと世界一高い仏像の「牛久大仏」へ向かい、その体内巡りをしながら、入れる胸部の最上階から周辺一帯の景色を一望した。

その後、「女化(おなばけ)神社」へ向かい、男神が女神に化けたことを主張する珍しい神域を味わってもらった。

e0366602_20140580.jpg
e0366602_20151062.jpg
e0366602_20153850.jpg
e0366602_20152645.jpg

この神域は地図では牛久市のはずだが、竜ケ崎市の「飛び地」になっており、不可解な地名が多く点在する。

三柱の神を鈴の数で暗示しながら、「岩戸隠れ」の大きな絵馬に、男の仏「地蔵」が岩戸の中から姿を現す絵が掲げられている。

e0366602_20143765.jpg
e0366602_20160085.jpg
e0366602_20161077.jpg
e0366602_20162318.jpg

これだけで、「天照大神=天照国照彦=地蔵=菩薩」の仕掛けを示し、「地蔵=閻魔大王」の仏教の仕組みから、ジャッジメントを行う救世主(菩薩)が、三つの鈴「天の父・子・聖霊」の三位三体を解き明かしたイエス・キリストで、子供の守護者で太陽神の天照大神が、その正体と分るよう仕掛けられている!!

全員、その仕組みを満喫した後「飛鳥堂Ⅰ」に向かい、そこで幾つか過去のDVDを観た後、「牛久駅」に近い和食レストランで夕食を頂戴した。

e0366602_20163670.jpg
e0366602_20175165.jpg
e0366602_20164632.jpg
20時には解散したので、常磐線でそれぞれ帰途につき、宿泊する都内のホテルへと向かっていった。

2018年も、年末に『飛鳥庵』を行う予定で、毎回、参加人数が増えているので、今年は既に4室を押さえておいた。

参加された方全員が喜んでくれたので、それが何より一番の御褒美になった(^^♪




















# by manaseden4 | 2018-01-01 20:24

■2017年12月20日

今年度最後の「ともゆきプロジェクト」の集会である!!

メインの「共生バンクグループ」に資本金が20億加算される見込みで、世界中のファンドが「ミステリアスJAPAN構想」に着目している事がわかる!!

「緊急検証シリーズ」でも、白組の川口友万氏が紹介したように、一度冷凍した種から発芽するバナナは、通常の半分の時間で実を成すどころか、数倍の収穫高を示す。

e0366602_05591956.jpg



これを「凍結解凍覚醒処理」といい、共生バンク株式会社が出資している「農業法人 株式会社 D&Tファーム」の「世界特許技術」である。
世界の食を一変させるインパクトがあり、それを日本活性化の売りの一つにする計画である!!

e0366602_05304362.jpg
e0366602_05320067.jpg
e0366602_05305993.jpg

# by manaseden4 | 2017-12-26 05:35

■2017年12月18日

「緊急検証シリーズ」のオンデマンド「ファミリークラブ会員」募集用の座談会(第3回)の収録を、再び千葉県船橋市にある山口敏太郎事務所「タートルカンパニー」の2階で行った。

e0366602_05010461.jpg


実は、茨城県牛久市の飛鳥昭雄の事務所「飛鳥堂Ⅰ」で行う手はずだったのが、突然、隣の家の解体工事が始まったため収録どころではなくなったのだ。

e0366602_04585171.jpg

飛鳥昭雄、山口敏太郎、中沢健による「オカルト三銃士」の超舌座談会は、過去の「緊急検証シリーズ」を振り返りながら、相当盛り上がったので、その内容を楽しみにしていてほしい。

e0366602_04563606.jpg

『ファミリー劇場CLUB』は、視聴者の方も、そうでない方も誰でも入会無料の会員制サービスである。

会員登録(無料)で、オリジナル番組・動画などが見られる動画配信サービスや、プレゼントやイベントへの応募、おトクな情報をGETできる。

オリジナル番組・動画を楽しむためには『ファミリー劇場CLUB』公式アプリをダウンロード。

スマートフォン、タブレットでご視聴が可能で、さらにプレミアム会員(月額500円)になると、プレミアム会員限定の番組・動画や、プレミアム会員限定プレゼントやイベントへの応募など、全てのサービスがお楽しみ頂ける。


e0366602_05001048.jpg
e0366602_05002314.jpg
e0366602_05005228.jpg
e0366602_05012061.jpg

# by manaseden4 | 2017-12-26 05:02

■2017年12月16日

隔月偶数月の「ASKAハイパー・プレミアム3」の日である。

しかし、トランプ大統領の「エルサレムをイスラエルの首都認定」の緊急事態の為、予定だった「出口王仁三郎」の第3部を変更することになった!!

e0366602_04322158.jpg


第3部は「アメリカのイスラエルの首都エルサレム決定で『第三次世界大戦』勃発!!!!<その詳細な予測データを全面公開する!!>」になる!!!!
e0366602_04292431.jpg


●第1部:『オカルト現地取材報告:第6回/「明治神宮の使命~日本の象徴 南朝復活!!』
「明治神宮」は南朝復活のシンボル!!最後の天皇陛下「ラスト・エンペラー」誕生のシステムだった!!

●第2部:オカルト・スペシャルセミナー:第6回/日本の風習の全てがオカルトだった!!』
日本は世界最大の「呪詛国家」であり、2000年以上も古代王朝がつづく唯一の「異常国家」で、年中呪詛を仕掛ける国民も尋常ではない!!

●第3部:世界終焉カウントダウン:第6回/緊急変更!!!!
「アメリカのイスラエルの首都エルサレム決定で『第三次世界大戦』勃発!!!!<その詳細な予測データを全面公開する!!>」

毎回、参加申込者の数が増えている。
決して安くない額(早割予約:8000円/当日券:1万円)だが、質疑応答を加えれば4本立てなので、一回当たり2000円である。
今回初参加の方が、「まるでバーゲンセールみたいですね」と言ったが、その意味は「内容が高度ななのに安すぎる」という誉め言葉だった。

e0366602_04255568.jpg
e0366602_04273782.jpg
e0366602_04281973.jpg
e0366602_04280715.jpg
e0366602_04290511.jpg
e0366602_04303088.jpg
e0366602_04282135.jpg



# by manaseden4 | 2017-12-26 04:34

■2017年12月10日

e0366602_03220900.jpg
「月刊ASKA/公開収録」である。
場所は池袋東口から徒歩10分程度の場所で講義と収録を同時で行った。

今回はテキストの最終章で、来年は別のテキストの前から4分のⅠまでになります。

e0366602_03452879.jpg

生徒はインターネットのオンデマンドでレッスンを受けるシステムで、毎月の購読料1,980円のクレジットカード決済になる。
購読登録者は、毎月の講義に無料参加でき、「月刊ASKA」の購読者以外の方の参加費は(1名様 / 3,980円)となる。

購読登録者は無料で「公開収録」に参加でき、懇親会(別料金)にも出席できる!!
講義の後の「懇親会」は、国際情勢や業界裏話が満載の為に参加者も増えている。
申し込みは以下のURLで募集中です。


e0366602_03461485.jpg
e0366602_03463574.jpg
e0366602_03470422.jpg


 

# by manaseden4 | 2017-12-26 03:50