■2017年6月7日

今日は、「共生(ともいき)の国」の集会で、外苑前の某所に理事の数十名が集まった。
発起人の数は78名を超え、数か月後には総会を開催できるようになるだろう。

今回、なべおさみ氏も参加したが、飛鳥昭雄は「日本民族の使命」をテーマに講演した。
日本民族の原点を一番よく知ることができるのは大晦日から始まるお正月の儀式で、
欧米文化と異なり本来の日本での年越しは静寂の中で過ごさねばいけなかった。
歳神(死んだ神)を迎える儀式が正月で、家長をはじめとした家族で執り行うのが日本文化の根源とする。

家長が御屠蘇(おとそ)を振るまうが、歳神に向かい、「貴方様は屠殺されたけれど蘇る」と慰めるのが正月の目的。
この葬儀を、日本人はお正月に家長が神官役となり各家庭で行ってきた。

この歳神を迎えるための依代(よりしろ)が門松で、この歳神が天照大神を指し、
日本神話の中で天岩戸開き神事がございますが、天照大神の岩戸への「お隠れ(死)」を示唆する…

その日本人の未来の使命が世界を感化することで、「ともいきの国」の基本方針と一致する!!

e0366602_23502569.jpg
e0366602_23505501.jpg
e0366602_23511628.jpg
e0366602_23515312.jpg
e0366602_23524875.jpg

# by manaseden4 | 2017-06-21 23:52

■2017年5月27日

今日は、第4回目『ASKAプラ散歩ぃ』である(^^♪
行き先は江戸情緒を味わっていただく「江戸本所七不思議巡り」で、前回は東京を出ちゃいましたが、また東京散策に戻って参りました。

今回は「月刊ムー」(学研+)もコラボし、記事にする目的で三上編集が取材参加した。
e0366602_08304980.jpg
e0366602_08311686.jpg
e0366602_08313547.jpg
e0366602_08315549.jpg
e0366602_08322017.jpg
e0366602_08324030.jpg
e0366602_08331196.jpg
e0366602_08333814.jpg
e0366602_08341238.jpg
e0366602_08343339.jpg
e0366602_08350387.jpg
e0366602_08352377.jpg
e0366602_08353673.jpg
e0366602_08360030.jpg
e0366602_08364540.jpg
e0366602_08362898.jpg
次回の「プラ散歩ぃ」は「浅草の浅草寺と花やしき遊園地」で~す♬
昭和を懐かしんで皆で一緒に遊びませう(^^♪



# by manaseden4 | 2017-06-06 08:38

■2017年5月21日

今月はヒカルランド・イヴェントのオンパレード状態である!!

今日は『飛鳥昭雄のネオガイア・ミッション』(第1回)である!!
飛鳥昭雄とヒカルランドが呼んだのは、スーパー公務員だった高野誠鮮氏とUFO研究家の竹本良氏。

e0366602_08120368.jpg
三者三様に非常に高度な濃い情報を公開したため、参加者は全員満足されたはずです(^^♪

e0366602_08181816.jpg
e0366602_08190209.jpg
e0366602_08193795.jpg
e0366602_08201045.jpg
e0366602_08204316.jpg
e0366602_08214071.jpg

当然かもしれませんが、即、出版化が決定しましたし、勿論、飛鳥堂でDVDも販売されます!!

e0366602_08233336.jpg




# by manaseden4 | 2017-06-06 08:23

毎回、奇数月は福岡の「円盤屋」での収録とYouTubeの出演である。

今回は以下のDVDの収録を済ませた。
「釈迦 - 大和民族と同族にしてイエスの予型」
「神のタイムテーブル 死海文書」
「太古、地球に降臨した神々」
「飛鳥ゼミナール33」

本来なら「ホンペン」も出せるはずなのだが、T代表が怖がって出さない…ったくもう(w

e0366602_08053552.jpg
e0366602_08060419.jpg
e0366602_08063183.jpg
e0366602_08065418.jpg
e0366602_08072308.jpg
e0366602_08074375.jpg
e0366602_08080322.jpg
e0366602_08082225.jpg



# by manaseden4 | 2017-06-06 08:09

■2017年5月12日

今日は、飛鳥堂企画の二泊三日ツアーの現地の下見に、飛鳥昭雄ゆかりの地を訪れた!!

飛鳥昭雄は大阪生まれである。
飛鳥昭雄の転居先と、自分の活動先を改めて見てみると、今に通じる歴史の表舞台ばかりということに気づかされる。

そこで「飛鳥昭雄生誕&日本史重要地ツアー」を企画し、飛鳥昭雄の転居先に必ず日本史の重大な出来事が起きる不思議ツアーを行うことになった。

今回は、その何度目かの下見の一つで、藤井寺市の「道明寺天満宮」と「大坂夏の陣発祥の地:玉手山」を、20年ぶりに調査してきた。
前回は、保育園時代にいた京都府大山崎の地を調査したが、この山崎で明智光秀が討ち死にしたとされ、後に天海大僧正になる曰くのある地である。

よく遊んだ「道明寺天満宮」は菅原道真縁の宮で、この後で太宰府に流される。真田幸村がこの道明寺の地に到着する前、後藤又兵衛基次(元・黒田官兵衛の家臣)が仙台の伊達正宗(だてまさむね)と戦い、鉄砲に撃たれて討ち死にした為、夏の陣が勃発したとされる。
こういう曰く付きの地巡りを、年内に計画している(^^♪

e0366602_07530991.jpg
e0366602_07532723.jpg
e0366602_07534474.jpg
e0366602_07535788.jpg


# by manaseden4 | 2017-06-06 07:54