■2018年7月23日

e0366602_04504824.jpg

今日は「飛鳥堂株式会社」の設立と共に、大変お世話になっている税理士さんの事務所へ行く。

牛久駅側のマンション「ベルヴェラ牛久」に事務所を持つ「星出博利税理士事務所」である!!
甘いも酸いも十分に分かった人物で、本当に親身になって指導して下さるので、飛鳥堂が順風満帆で航海できるのだ。

e0366602_04501819.jpg
e0366602_04494845.jpg


世間広しとはいえ、飛鳥昭雄が「校長先生」と呼べる人物はこの人しかいない。
実はこの校長先生、大本の「出口鬼(王仁)三郎」を「ワニサブロウ」と発音する、生粋のオカルト好きなのである(^^♪

e0366602_05022150.jpg

飛鳥堂で頼む税理士を見つける際、飛鳥昭雄は特殊な方法で見つけ出した御仁で、会うとやはりピッタリの税理士さんだったというわけである。
スタッフも奥様から様々助けて頂いており、本当に助かっている次第。

e0366602_04511831.jpg

今日も、校長先生からいろいろ御指導を受けて満足して帰り、小用を済ませた後入ったレストランで、再び校長先生御夫妻と遭遇致しました(w


[PR]
# by manaseden4 | 2018-10-12 05:03

■2018年7月20日




e0366602_04124315.jpg

e0366602_04122668.jpg


夏真っ盛りの暑い中、夢源樹の秘密喫茶「居皆亭」が開催された。
集合場所は神田神保町の「すずらん通り」の一角。

e0366602_04152529.jpg
e0366602_04172704.jpg
e0366602_04171971.jpg

  
すぐ近くに新築の大きい「小学館ビル」があり、すずらん通り一帯は「コロコロコミック編集部」が貸しビルにしていたところでもあったので、漫画家「あすかあきお」にとって故郷のような所。

e0366602_04243319.jpg

じつは、あすかあきおは「飛鳥昭彦」の名で「少年週刊ジャンプ」でデビューしており、「小学館ビル」の隣が「集英社」なので、この辺りは庭のような所である。
内容は、秘密喫茶「居皆亭」本編の第1部と、懇親会の第2部に分かれた参加可能型となり、今回はイメチェン仕立ての第1回となる。

e0366602_04172397.jpg
e0366602_04173072.jpg
e0366602_04152912.jpg
e0366602_04152760.jpg

今回のテーマは「隠岐」の宣伝と、天皇家の相当深い内容で、とにかく飛鳥昭雄と三上丈晴編集長なので、仕切り役のMC・政清姉さんもたいへんだったと思う。

e0366602_04154224.jpg

二次会は、徒歩5分ちょいの「居酒屋」で行われ、飛鳥と三上編集長が二つの席に分かれて参加者と談笑した。

e0366602_04153695.jpg
e0366602_04153984.jpg
e0366602_04155394.jpg
e0366602_04154498.jpg

e0366602_04154857.jpg


ところで、ミカル編集長は珍しくビール瓶の底のような眼鏡をかけているが、翌日、レンズを入れる手術をするた為、角膜を守るカバーということだった。


e0366602_04154541.jpg
e0366602_04155907.jpg
e0366602_04155580.jpg

e0366602_04160172.jpg
e0366602_04160526.jpg
 

札幌から来た人もいて、改正版の「居皆亭」は無事大成功に終わった。


[PR]
# by manaseden4 | 2018-10-12 04:31

■2018年7月15日

e0366602_20011437.jpg

2018年7月15日は、「飛鳥堂出版」発行の『 聖徳太子大全出版記念 講演会!!』の日である。
  
e0366602_20320447.jpg
e0366602_20521701.jpg



場所はJR池袋駅東口西武百貨店側から徒歩6分の「マイ・スペース&BB/池袋西武横店」 で、懇親会を含めて14時スタート18時終了のプログラムだ。

e0366602_20312446.jpg

フリードリンク付きで、講演会参加費 6000円だが、太子本の予約者は5000円である。
講演会では、四天王寺の秘密の一端を公開し、『未来記』『未然紀』の裏に隠れた『太平記』の謎を話した。


e0366602_20315820.jpg
e0366602_20514772.jpg
e0366602_20314847.jpg
e0366602_20541070.jpg
e0366602_20315565.jpg

その後、 池袋駅近くの居酒屋「彩蔵」に移動し、参加費6000円で「懇親会 」が開かれ、聖徳太子の話で大いに盛り上がった。
次は、後編の『 聖徳太子大全<曲尺ノ巻>』の発行を目指すことになる。

e0366602_20370400.jpg



[PR]
# by manaseden4 | 2018-10-08 20:39

■2018年7月12日

今日は、「飛鳥堂」から車で数分のキョリにある実家の整理をスタッフと一緒にしにいった、

e0366602_20004602.jpg
e0366602_20004117.jpg


近々に「飛鳥堂出版」から「聖徳太子大全<円規ノ巻>」が発行されるため、倉庫に使う為である。
母は特養ホームに入る前段階の施設に入っている為、家が完全にフリーで使える状態なので、倉庫に使う予定だった。

e0366602_20011437.jpg
e0366602_20003915.jpg
年寄りの貯め込んだ物が多いため、小型トラックをレンタルして、「クリーンセンター」まで荷物を運ぶことにした。
おかげで1部屋分がまるまる空けることが出来た。

e0366602_20002933.jpg
e0366602_20003344.jpg

おそらく、これから先は専用レンタル倉庫を借りないとならないだろうが、それまではこれで充分である。
飛鳥堂出版は、500部づつ印刷し、ある程度減った段階で増刷するため、巨大倉庫は必要ないシステムである。


[PR]
# by manaseden4 | 2018-10-08 20:03

■2018年7月11日


e0366602_23555583.jpg

今日は、2018年8月18日(土曜日)に都内で開催する「ASKAタロット講演会」の準備を行う。

場所は「八幡書店」の事務所で、社長の武田崇元(敬称略)と、「猫田門」社長の山口毅が初顔合わせになる。

e0366602_23454472.jpg

今回は、8月に主催「猫田門」、協賛「八幡書店」、協力「飛鳥昭雄」で行われる「ASKAタロット講演会」の打ち合わせ日で、時間、場所、内容、道具等々、様々な調整段階に入った。


e0366602_23531451.jpg
e0366602_23490460.jpg
術師である巫女は佐々木アンジェ・プレアデスである。
CM撮りも行われ、近い内にネットで流されるはずである。

e0366602_23510378.jpg
e0366602_23510735.jpg
e0366602_23510594.jpg
e0366602_23510136.jpg
e0366602_23510940.jpg






[PR]
# by manaseden4 | 2018-10-06 23:53