■2018年6月2日



e0366602_21293652.jpg
e0366602_21300625.jpg

「素盞雄(スサノオ)神社」は、都内隅田川千住の大橋近くの「日光街道」の基点に鎮座し、JR「南千住駅」の前に、松尾芭蕉の像が置かれている。

e0366602_21305155.jpg
e0366602_21312741.jpg

アスカリアンの中江君から、突然、「素盞雄神社」で「天王祭」があり、特に2018年は「御神幸祭(本祭)」で、新調された神輿が出て、地面すれすれまで倒して振りあう「神輿振り」も見られるという情報が入った。

e0366602_21323625.jpg

その天王祭まで時間がなく、「ASKAプラ散歩ぃ」を組む余裕も無かったため、都内近郊の常連さんだけに連絡して赴くことにした。

e0366602_21324649.jpg
e0366602_21324319.jpg

「素盞雄神社」の由来によると、修験道の開祖で、飛鳥時代の呪術者「役小角(えんのおづの)」の高弟、「黒珍(こくちん)」の前に、突如、光を放つ二柱の神「素盞雄大神(すさのおおおかみ)」と「飛鳥大神(あすかおおかみ)」が現れ、そこに一祠を建ててお祀りしたことから創建されたという。

e0366602_21330388.jpg
e0366602_21330558.jpg
e0366602_21330034.jpg

素盞雄と「大国主神」が同一神なので、「大黒様(大国主神)」も同一神となるが、飛鳥大神は別名を「事代主神(ことしろぬしのかみ)」「一言主神(ひとことぬしのかみ)」といい、関西では「恵比寿様」として知られる。

e0366602_21465432.jpg

つまり、この神社は「恵比寿&大国」を祀り、恵比寿は商売の神で飛鳥の名から奈良県の神となる。

e0366602_21323971.jpg

奈良県と言えば「大和朝廷」が置かれた中心で、その中核の天照大神が、「建御雷(たけみかづち)神」を出雲に派遣し、国譲りを迫った話は記紀神話に記されている。
「建御雷神」は、大国主神の反抗的な息子「建御名方(たけみなかた)神」と相撲をとって相手を打ち負かしてしまう。

e0366602_21371435.jpg
e0366602_21375689.jpg

しかし、もう一人の息子「事代主神」は素直で、国譲りに逆らわず、船に乗って姿を隠してしまうのである。

e0366602_21384747.jpg

その「事代主神」が「飛鳥大神」と同一神として「素盞雄神社」に祀っていて、その「本祭」には、参列者は半紙で包んだ「胡瓜(きゅうり)」を奉納するらしく、まるで河童である。

e0366602_21313367.jpg
e0366602_21313920.jpg
e0366602_21322446.jpg
e0366602_21314279.jpg
e0366602_21323210.jpg
e0366602_21322657.jpg

飛鳥情報なら、河童は「カンパラ」で、そこに「カバラ(カッバーラ)」が仕掛けてある示唆となるが、そういえば「社紋」が胡瓜の切り口というものの、61区あるとされる氏子地区が掲げる社紋のシンボルは、全て形も色も違うというから不可思議である。






[PR]
# by manaseden4 | 2018-09-29 21:39

■2018年5月30日


京王線の「仙川駅」下車徒歩8~10分にある「複合的価値創造空間/KICK BACK CAFE」。

e0366602_20325905.jpg

キックバックカフェは、プロテスタント教会の著名なエンターテイナー牧師「石井希尚(まれひさ)」(敬称略)が経営する自然食レストランである。

e0366602_20255716.jpg
e0366602_20520516.jpg
 

彼は、カルフォルニア州認定の牧師で、日本政府が公認する「クールジャパン」の劇団「HEVENESE」を率い、作家、結婚カウンセラー、フリースクール校長、実業家、ミュージシャンの肩書を持つ実力派で、通称「Marre 」と呼ばれる。

e0366602_20233953.jpg
e0366602_20235095.jpg

本来、キック・バックはアメリカの俗語で「リラックス」の意味だが、日本では全く別の意味でつかわれている。

e0366602_20352862.png
e0366602_20454175.jpg
 
ここで、年内に開催する「共生(ともゆき)プロジェクト」立ち上げの大きな構想が練られているが、その莫大な資金源はプロテスタント教会員で、社会で大成功した柳瀬公孝(まさたか)が経営するファンド「共生バンク」が支えることになる。

e0366602_20233637.jpg
e0366602_20234576.jpg
e0366602_20234148.jpg

 
彼らは、飛鳥昭雄が唱えた「天照大神=イエス・キリスト」を完全に信じ、信じすぎた結果として、それを最初に発信したのが飛鳥昭雄と知らないほど当たり前に身に着けている(w

e0366602_20234716.jpg

しかし、元は、飛鳥昭雄が懇意にしている畠田秀生牧師が、日本とユダヤの関係が尋常でないことに気づき、1963年、単身、ニュージーランドへ貨物船で無銭旅行企てるが、地元本部の白人の教会幹部が「日本人は昔から白人の真似ばかりやるので、ユダヤの真似もしたに違いない!!」で笑いものにされた経験を持っている。

e0366602_20284920.jpg

以後、30年の牧師経験を経て独立し、古代日本と古代イスラエルの関連を日本のキリスト教世界に注入する「聖書と日本フォーラム」を立ち上げ、伊勢志摩登茂山の同研修センター所長として活躍している。

e0366602_20232312.jpg

同じ立場で、飛鳥昭雄と旧知の仲の久保有政牧師も、「創造科学」を信奉し「ダーウィニズム」を批判することで、古代日本に古代ユダヤが大量に渡来したと主張し、同じプロテスタントから批判されながらも主張し続けてきた。

その久保牧師も、共生プロジェクトで、飛鳥昭雄や三上たけると活動しながら、プロテスタント教会が日本の祝福の扉を開く準備に着手している。

e0366602_20533205.jpg
 
彼ら日本のプロテスタントは、血を流す苦労の果てに飛鳥昭雄の「天照大神=イエス・キリスト」と遭遇しただけに、覚悟の入れ方が、他宗派の日本人教会指導者達とは全く違う‼

http://www.kickbackcafe.jp/index.html




[PR]
# by manaseden4 | 2018-09-27 20:54

■2018年5月27日

e0366602_00514964.jpg

今日は「緊急検証シリーズ」の一環である映画化で、クラウドファンディングして下さった方々との「緊急ランチ会」である。

e0366602_00495306.jpg
e0366602_00494460.jpg
e0366602_00505189.jpg


応募して貰えた中のプレゼントコーナーで、場所は有楽町の某所だった。

e0366602_01010189.jpg
e0366602_01020188.jpg
e0366602_01023287.jpg
e0366602_01032362.jpg
e0366602_01013276.jpg

オカルトプレゼンターの、飛鳥昭雄、山口敏太郎、北芝健、吉田悠軌が参加し、ファンの方々との楽しいオカルト談義に花が咲いた(^^♪



[PR]
# by manaseden4 | 2018-09-21 01:03



e0366602_00313742.jpg

今日からまる三日間、福岡の「円盤屋」で収録である。

e0366602_00321705.jpg
e0366602_00321509.jpg
タイトルは(1)宇宙からの警告(仮タイトル)、(2)闇の存在 堕天使(仮タイトル)、(3)バベルの塔(仮タイトル)である。
おそらく、今回を含めて円盤屋で仕事をするのは2度しかないだろう。

e0366602_00321912.jpg
e0366602_00322450.jpg
e0366602_00322231.jpg
e0366602_00322788.jpg
e0366602_00322906.jpg
e0366602_00323474.jpg
e0366602_00323733.jpg
e0366602_00323934.jpg
e0366602_00324356.jpg
e0366602_00324536.jpg

大阪の中山市朗氏を紹介する段取りなので、後は両者が福岡か大阪で会う環境を設定るだけである。

e0366602_00383939.jpg

もう福岡には一生分行ったと思うので、もうよほどのことが無い限り赴くことはない筈だ。
今回も滞りなく終了したが、0時過ぎからの「おまけ映像」は放送しないで終わった。

e0366602_00355917.jpg

これで、もうすぐ麻生王国福岡ともオサラバである!!












[PR]
# by manaseden4 | 2018-09-21 00:39

■2018年5月15日

e0366602_01174995.jpg

東北新社のケーブルTV 「ファミリー劇場」の看板番組「緊急検証シリーズ!!」が、「クラウドファンディング」で映画化されることになった。
e0366602_01214882.jpg


当初は夏休み公開を目指したが、やはり真面目に制作して2019年正月公開を目指すことになる。

e0366602_01214191.jpg

海外ロケも含み、内容はまだ秘密だが、飛鳥昭雄、山口敏太郎、中沢健のオカルト三銃士をはじめ、司会の逸見太郎、大槻ケンジ、辛酸なめこ(敬称略)は健在で登場する!!

e0366602_01181312.jpg

この日、牛久まで来てくれた小柳大侍プロデューサーと一緒に、飛鳥昭雄登場に関する部分について打合せを行った。

e0366602_01182933.jpg
e0366602_01182562.jpg
e0366602_01182271.jpg
e0366602_01182077.jpg

どんな映画になるかお楽しみという所だろうか。

[PR]
# by manaseden4 | 2018-09-20 01:38