■2018年9月6日

e0366602_06102097.jpg

この日は、東北新社ファミリー劇場の名物番組「緊急検証シリーズ」の映画化に伴う最終調整を行った。

e0366602_06140315.jpg

小柳大侍プロデューサーを筆頭に4人(うち1一人は別件で途中退場)が牛久まで来てくれた。
聞けば、さっきまで、同じ件で千葉県の山口敏太郎(敬称略)事務所で調整してきたという。

e0366602_06090389.jpg
e0366602_06093106.jpg


これで最終調整も終了し、脚本家が映画のストーリーを書き上げるという段階に入れる。

e0366602_06083190.jpg
e0366602_06085273.jpg
e0366602_16490059.jpg
e0366602_16485738.jpg
e0366602_16490312.jpg

じつは、過去、飛鳥昭雄は一度だけ神父の役で、哀川翔と一緒に映画撮影も済ませていたが、映画会社の大人の事情で上映が出来なくなったことがあり、今回、その後とはいえ最初の銀幕デビューである。

e0366602_06251634.jpg



# by manaseden4 | 2018-10-16 06:21

■2018年9月2日

e0366602_05501152.jpg
e0366602_05502721.jpg

夢源樹企画の「月刊ASKA」の公開収録日である。
場所は池袋駅(東口)から徒歩5~8分の貸し会議室。

e0366602_06002077.jpg

 
今回も、テキストを中心にするが、捕捉バージョンで塗り固めたレッスンを行った。
お陰さまで、最近、徐々に会員の申し込みが増え、公開当日にも多くの人がやってくるようになった。

e0366602_05490519.jpg
e0366602_05490862.jpg

毎回の「渋ちゃんいじり会」も好評で、どう見てもパワハラかもしれない(w

e0366602_05491220.jpg
e0366602_05491419.jpg

お楽しみは「懇親会」で、毎回、裏話の連続で、本当なら収録してもいいレベルだが、ここはあくまでも懇親会参加者だけの特権である。

e0366602_05491700.jpg
e0366602_05492283.jpg
e0366602_05492541.jpg
e0366602_05492814.jpg
e0366602_05493138.jpg
e0366602_05493416.jpg


# by manaseden4 | 2018-10-16 06:02

■2018年8月25日

e0366602_05443146.jpg

とうとう『ASKAハイパー・プレミアム3』も<第10回>になった!!
隔月なので20カ月目(1年8カ月)を迎える。

e0366602_05450860.jpg
e0366602_05423535.jpg

今回、第1部は「オカルト現地取材報告」第10回/『「竹内文書」皇祖皇大神宮の謎大解明!!』
日本最大の古史古伝「竹内文書」を公開した竹内巨麿の「皇祖皇大神宮」(茨城県北茨城市)と、その元宮「御皇城山皇祖皇大神宮」(富山県金屋)の封印された極秘殿を公開する!! 

e0366602_05421687.jpg
e0366602_05431337.jpg

第2部は、「オカルト・スペシャルセミナー」第10回/『「レイライン」謎の巨石群』の謎大解明!!』
地球を超弩級生命体「ガイア」とする神経回路が「レイライン」で、中国では「龍脈」、日本では「地脈」という未知エネルギーの流れは、巨石や結界石で気の流れを調整し、「風水」「陰陽五行」を生み出しながら、今の「パワースポット」ブームへ継承されていく!!

e0366602_05422796.jpg
e0366602_05422241.jpg


第3部は、「世界終焉カウントダウン」第10回/日本直撃「南海トラフ大地震」の前兆!!』
今年、「諏訪大社」下社春宮の「筒粥(つつがゆ)神事」が行う2018年の御告げは、3.11の2011年と同じ「三行半(3分5厘)」で最悪!!今年の前半に災害の前兆があり、急な災害や天候不順に気をつけよとの託宣!!このまま日本は行き着く所まで行ってしまうのか!?

e0366602_05424168.jpg
e0366602_05422580.jpg

今回も無事に企画を終了し、参加者もさらに増えたのは嬉しいことだ。

# by manaseden4 | 2018-10-16 05:46

■2018年8月18日

e0366602_01481012.png

今日の最後の仕事は、神田神保町の「書泉グランデ」に赴くことである。

e0366602_01473695.jpg
 
この大型書店の4階は、知る人ぞ知る「オカルト専門コーナー」があり、「飛鳥昭雄常設コーナー」もちゃんとあるのだ!!

e0366602_01414203.jpg
e0366602_01414514.jpg

その4階の店長が大のアスカリアンで、飛鳥堂出版発行の『聖徳太子大全<円規之巻>』を見せると、持参した10冊近い分全て置いて行ってくださいとなり、見事に商談成立。

e0366602_01415708.jpg

さっそく秋に「飛鳥昭雄フェアー」をやることも、トントン拍子に話が進んだ。

e0366602_01423374.jpg

飛鳥堂のDVDも全て売りたいとなり、これで都内に大きな拠点が出来たことになった!!
来年は毎月「飛鳥本」を発行するので、書泉グランデは瞬く間に飛鳥堂出版が制覇することになりそうである!!

# by manaseden4 | 2018-10-14 01:49

2018年8月18日

e0366602_01064050.jpg

大宮から都内へ移動し、渋谷駅から徒歩10分にある「TKP渋谷カンファレンスセンター」の猫田門主催の講演会に、コメンテーターとして参加した。

e0366602_01074449.jpg

『古代の秘儀と叡智が現代によみがえる「ASKAタロット講演会」」である!!

e0366602_01044844.jpg
e0366602_01053574.jpg
e0366602_01051191.jpg

●第一部
14:00〜15:00
基調講演 飛鳥昭雄
わたしの専門分野でも、これまでやってこなかったものが「タロット」の出足から1時間講演した。

古代エジプト発祥、メソポタミア、おそらく人類の起源と関連があると指摘し、タロットにはカッバーラの霊的な眼、判断力、啓示、霊感のレベルが隠されているとした。

実際、エデンの園に生えていた「命の木」が仕込まれているからだ。

だから「タロット」は単なる占いではなく、自分の霊性をあげていくことができるシステムになっている。

大宇宙の中枢と、この世の間を受け持つタロットは、潜在的な自分、霊感や神界とのつながりといえ、特にカッバーリストの飛鳥昭雄のタロットカードは、活きているといえる。

使われている絵柄も、全てあすかあきお作で、八咫烏、秦氏、失われたアーク、UFO、地底世界、太陽プラズマ、卑弥呼、超能力、プラズマ宇宙論まで様々な情報がリンクする。

e0366602_01043854.jpg
e0366602_01044305.jpg

●第二部
15:15〜16:15
佐々木アンジェ・プレアデス 講演で、「ASKAタロット」の説明、解説しながら、実際の「ASKAタロット」の実演を行った後、これから先の日本をサーチした結果、大洪水を示していた……等々。

e0366602_01134799.jpg
e0366602_01132399.jpg


●第三部
16:30〜17:30
飛鳥昭雄 VS 佐々木アンジェ VS 八幡書店 武田崇元社長のトリプル対談が行われ、怖いが面白い話に終始した。

e0366602_01054537.jpg
e0366602_01055572.jpg
e0366602_01055257.jpg
e0366602_01055821.jpg
e0366602_01060278.jpg


大勢の参加者があり、講演会としたら成功したと思われる。




# by manaseden4 | 2018-10-14 01:16